• 2019.03.25 2019.03.30

勝率81%】ルーレット必勝法「wストリート5ベット」を徹底解説

こんにちは!ベスカジ編集部の華麗夏恋です。
今回は、ルーレットで使えるwストリート5ベットについて徹底的に解説していきます。

wストリート5ベットは、ルーレットの37個の数字のうち1度に30個に賭けて勝率81%という驚異の数字を叩き出す必勝法です。賭け方もシンプルでわかりやすいので、初心者でも使いこなすことが可能です!

織田 邦夫
一度に30個も賭けるって、そんなにチップを置くしんか?勝率は高くても30個も置いたら時間がかかって大変そうだしんな〜。
華麗 夏恋
30個に賭けると言っても使うチップは5個だけなんだよ。手順も少なくてとても簡単だから織田くんもこの機会にチャレンジしてみてね!

この記事を読んだらわかること

✅wストリート5ベットの使い方
✅wストリート5ベットのメリット・デメリット
✅wストリート5ベットを実際のカジノゲームで検証
厳選オンラインカジノランキングTOP10

wストリート5ベットの使い方

wストリート5ベットはルーレットだけに使える必勝法で、たった5チップで30個の数字をカバーしていきます。アメリカンルーレットだと数字が38個あって勝率が下がるので、ヨーロピアンルーレットを使いましょう。

ストリートベット』とは、ルーレットの「123」「456」「789」という風に、チップをその列の一番下の線上に配置し、1列単位をカバーする賭け方です。

そして、チップの配置場所を2つの列の交点に配置して、2列のストリートを同時にカバーするのが『wストリート(ダブルストリート)ベット』です。

wストリート5ベット』では、5個のwストリートにそれぞれ1チップを配置していきます。

この方法では、賭けた列の数字が当たると6チップ分払い戻されます。賭けるのは5チップなので、その分を計算すると1ゲームにつき利益が1チップ分出ることになります(6-5=1)。

チップの配置方法は2タイプあるので、以下をチェックしてみましょう。

【Aタイプ】

左からwストリートベットを6箇所に分けて、その中の5箇所を選んでチップを配置するタイプです。これは、どの箇所を除外するか毎回決めたい人に適しています。

【Bタイプ】

左右の1列ずつのストリートベットを除外した、5箇所のwストリートに賭けるタイプです。この方法は、ゲームごとにチップの配置箇所を変えなくても良いので、スピーディーに賭けたい人に向いています。

賭け方のタイプは違いますが、どちらも勝率が81%です。簡単ですし、チップの配置箇所もそこまで多くないのですぐに実践することができます!

wストリート5ベットのメリット

wストリート5ベットを使うメリットは以下の2つです。

勝率が81%もある

1つ目は、勝率が81%と高い点です。

必勝法の中にはハイリターンだけどその分勝率が低いものも少なくありません。

しかし、wストリート5ベットはヨーロピアンルーレットで81%の勝率を収められます。ゲームで外す確率が低く連勝しやすいため、短時間にまとめて稼ぎたい時におすすめです。

ただし、アメリカンルーレットだと勝率が78%に下がってしまうので、wストリート5ベットを使うならヨーロピアンルーレットにしましょう。

覚えるのが簡単

次に、覚えるのが簡単な点です。

wストリート5ベットはチップの配置箇所が5箇所ですが、賭け金コントロールしたり難しい数列をメモする必要が一切ありません。

チップの配置箇所さえ覚えてしまえばあとは単純作業なので、ルーレット初心者でも簡単にベットすることができます。

wストリート5ベットのデメリット

メリットもある反面、wストリート5ベットにはデメリットもあります。

1度負けると5連勝しなければいけない

wストリート5ベットの最大のデメリットは、1回負けるとその分を取り戻すのに5連勝しなければいけない点です。

wストリート5ベットは1回の勝負で5チップ分賭けるため、負けたら一気に5チップ分損失します。しかし、勝った場合の利益が1チップ分だけなので(6倍配当-5チップ=1チップ利益)、5連勝しないとその損失を取り戻せません。

また、1チップあたり1ドルほどなら損失もそこまで大きくありませんが、10ドルや100ドルとなると大きな損失になります。ルーレットには0.1ドルから賭けられるテーブルもあるので、1チップあたりの賭け金は自分の経済力の範囲内に設定しましょう。

負けてしまった時の対処法

wストリート5ベットは、5回に1回は負ける確率なので負けることは珍しくありません。しかし、もし負けてしまった場合、次のベットで各箇所に2チップ以上賭けることで短時間で損失を取り戻すことができます。

例えば、1チップ1ドルでwストリート5ベットをしていて、1回負けてしまったとしましょう。負けると5チップ分マイナスになるので、-5ドルになります。

損失を取り戻すために賭け金を増やすと、以下のようになります。

【1チップ2ドルに増やした場合】

各箇所に賭けるチップを1ドル⇨2ドルに増やした場合、3連勝すれば損失を取り戻すことができます。

【1チップ3ドルに増やした場合】

また、1チップを3ドルに増やした場合は、2連勝するだけで損失を回復できます。

【1チップ5ドルに増やした場合】

さらに1チップを5ドルに増やせば、たった1回だけで損失を取り戻せます。

ただし、賭け金を増やしても負けてしまった場合はさらに損失が大きくなるので気をつけましょう。

実際にオンラインカジノで使用できるかどうか検証

では、wストリート5ベットが本当にカジノゲームで有効な必勝法なのか!?ベスカジ編集部では、本場ランドカジノと同じペイアウト率で遊べるベラジョンカジノのルーレットを使って検証しました。

まず、検証結果の解説に入る前に、wストリート5ベットの使い方をおさらいしておきましょう。

①1チップあたりの賭け金を決めておく
②5箇所のwストリートに1チップずつ配置する

今回は1チップ1ドルとし、勝率の高いヨーロピアンルーレットを使っていきます。

  • 1ゲーム目

まず1ゲーム目は「25〜30」以外のwストリートにベットしました。出目は「17」だったので無事勝利し、6ドル払い戻されました。賭け金は5ドルだったので1ドルの利益です。

続いて以下のように連勝が続きました。

  • 2ゲーム目〜8ゲーム目(連勝)

2ゲーム目 ⇨ 勝ち(利益1ドル)
3ゲーム目 ⇨ 勝ち(利益1ドル)
4ゲーム目 ⇨ 勝ち(利益1ドル)
5ゲーム目 ⇨ 勝ち(利益1ドル)
6ゲーム目 ⇨ 勝ち(利益1ドル)
7ゲーム目 ⇨ 勝ち(利益1ドル)
8ゲーム目 ⇨ 勝ち(利益1ドル)

2〜8ゲーム目までの総利益は7ドルで、1ゲーム目と合わせると合計利益が8ドルになりました。

9ゲーム目

9ゲーム目では「1〜6」を除外した5箇所にwストリートベットしたところ、「1」が出たため負けてしまいました。ここで一気に-5ドルの損失です。8ゲーム目までと合わせると合計利益が3ドルのみになってしまいました。

10ゲーム目

負けた時の対処法を使うかどうか迷いましたが、まだ資金がマイナスになっていないので基本の賭け方を続けることにします。

10ゲーム目では無事勝利できたので、合計利益が4ドルになりました。

ここで、今回の勝負を表にまとめてみます。

一度だけ負けてしまいましたが、なんとかマイナスにならずにプラス収支で終えることができました。9ゲーム目で負けた後に対処法を使ってベット額をあげても良かったですが、負けて損失が増えるリスクもあるので今回は使いませんでした。

wストリート5ベットは81%の勝率なので、5回に1回程度は負ける可能性があります。そのため、長期的に使うのはオススメしません。短期間で一気に勝利したい時以外、多用しないことを心がけましょう。

華麗 夏恋
37個の数字のうち30個もカバーできるなんて、画期的な必勝法だよね♪練習には今回検証で使ったベラジョンカジノがおすすめ!色んなルーレットが無料プレイできるから、wストリート5ベットをマスターできるよ。
ベラジョンカジノに無料登録する

まとめ〜wストリート5ベットは高確率で勝つことができる〜

いかがでしょうか?
wストリート5ベットは、覚えるのも簡単勝率が81%と高いので初めての人でも使いこなせる必勝法です!

勝率が高いと言っても5回に1回は負ける確率なので、勝ち逃げしたい時に数回利用してやめるのがおすすめです。ルーレットは様々な種類があるので、まずは色んな機種で試してみましょう。

今回紹介したベラジョンカジノは、0.1ドルから賭けられるものなど様々なルーレットが用意されています。いずれも無料プレイが可能なので気軽に遊んでみてください!

この記事のおさらいポイント

✅勝率が81%
✅5箇所のwストリートに1チップずつ賭ける
✅勝った場合の利益は1チップ分
✅初心者でも簡単に覚えられる
華麗 夏恋
wストリート5ベットの使い方はよく理解できたかな?ここで使ったベラジョンカジノは、登録しただけでボーナスがもらえるし、最大1000ドルの入金ボーナスがもらえてとってもお得だよ♪練習で自信がついたらリアルマネーで遊び倒そう!
ベラジョンカジノに無料登録する