意外と知られていないオンラインカジノの税金の落とし穴

オンラインカジノで勝てるようになったら『税金』について気にしなければいけません。
なぜなら、オンラインカジノで勝った金額次第では納税義務が発生するからです。
パチンコや競馬などと違って一切ごまかしが効かないので逃げ道を探そうと思わないでください。

課税対象額がどのように決定するか、どうすれば無駄な税金を払わなくて済むか。
税金とか難しい話が苦手な人でも理解できるよう、1から分かりやすく解説していきます。

【落とし穴】必ずしも「勝利金」に対して税金が課されるとは限らない

一般的に賭け事に勝って支払われる配当金とその利益については以下の式が成り立ちます。
(配当金)-(賭け金など経費)=利益
例えば配当2倍のゲームで$100賭けて勝った場合の利益は100×2-100=100と計算できますね。

一般的にギャンブルの勝利金はこの利益の部分が課税対象となりますが、オンラインカジノの場合はオンラインカジノから出金した金額が勝利金とみなされ、課税対象となる可能性があります。

むやみやたらに引き出さないようにしよう!

オンラインカジノから出金するためにはエコペイズなどの海外決済サービスを利用する必要がありますが、オンラインカジノから海外決済サービスに送金した時点では税金はかかりません。

税金がかかるのはオンラインカジノから海外決済サービスを経由し、個人が所有する銀行口座に送金した金額です。特定の個人に紐づけることができる金融機関の口座は全て税務署の調査対象になり得るので当然ですね。

現金が手元にほしいからといって何度も銀行に出金しているとその分だけ課税対象となる金額が増えてしまうので、税金のことを考えるならオンラインカジノのの勝利金はなるべく海外決済サービスに貯めておくことをオススメします。

引き出しを繰り返したら負けてるのに税金を払うハメになるかも!

一年間のうちにオンラインカジノから出金した額よりもオンラインカジノに入金した額の方が大きければ、トータルの計算上では負け越したことになります。負け越しであれば税金はかからないものだと考えてしまいがちですが…実は負け越したことと税金がかからないことはイコールではありません。

重ねてお伝えしますが、あくまで銀行口座に引き出した金額が課税対象なのです。

例えば10万円利益が出るごとに出金して、年間で100万円口座に引き出したとします。
銀行の口座にはトータルで100万円の入金履歴が残ることになりますが、その一方でクレジットカードを使って総額500万円オンラインカジノに入金していたらどうでしょうか。

全体の損益合計は-400万円になりますがクレジットカードで入金した分は経費として認められないので、銀行口座に引き出した100万円がそのまま課税対象となるのです。

入金額と引き出し額をきっちり把握しておかないとトータルで負け越しているにも関わらず、税金も払うハメになってしまうので、自分で管理できる範囲を考えて海外決済サービスを上手く入出金に活用していきましょう。

税金から逃れる方法はあるのか?

税金から逃れる方法はありません。これは「どんな脱税行為も税務署は見逃さないから」という話ではなく、オンラインカジノのシステム上課税対象となる所得を隠すこと自体が不可能だからです。

ただ税金がかからない条件というものはあるので気になる方は最後まで目を通してくださいね。
まずはオンラインカジノで税金逃れは不可能な理由をパチンコや競馬などと比較して解説しておきたいと思います。

パチンコや競馬などとの違い

パチンコや競馬とオンラインカジノの大きな違いは勝利金の払い戻しで銀行口座を介さない点です。
(※馬券をインターネットで購入する場合は異なります。)

パチンコや競馬の勝利金ももちろん課税対象にはなり得ますが、勝利金は銀行を介さず現金で受け取ることができるため、いくら儲かったかなどの記録は残りません。そして、記録がなければ税金を払わずやり過ごすこともできるのです。実際、パチンコや競馬で大勝ちしたのにバレないからと確定申告していない人は大勢いるでしょう。

一方、オンラインカジノは初回出金前に必ず本人確認を行い、原則として同名義の銀行口座経由でしか引き出せないシステムになっています。つまり1円の漏れもなく出金した記録が残るのです。

記録が残る収入は税務調査で簡単に把握されてしまうので、オンラインカジノで税金逃れは考えても時間の無駄だと思ってください。

年間利益(引出金額)が50万円以下なら大丈夫!?

オンラインカジノの収益にかかる税金は、出金して銀行口座に反映された金額を「一時所得の年間利益」として計上し、算出します。課税対象額を算出する計算式は以下のとおりです。

一時所得={(年間利益)-最高50万円(特別控除額)}÷2

特別控除額が最高50万円なので年間利益が50万円以下であれば一時所得が0となり、オンラインカジノの年間利益には税金がかからないことになります。

一方、上記計算で一時所得が0円以上であれば給与所得など他の所得と合算した金額に対して税金がかかります。

年収400万円の人がオンラインカジノで100万円の利益(引出金額)を出した場合

年間利益が100万円だった場合、一時所得は以下のようになります。
一時所得=(100万円-50万円)÷2=25万円

これを年収と合算すると所得額の合計が出ます。
25万円+400万円=425万円

所得額の合計425万円に対する課税率は20%(※)なので、全体の納税額は以下のとおりです。
425万円×0.20=85万円
なお内訳は年収分が80万円、オンラインカジノ分が5万円となります。

※所得税の課税率は国税庁『所得税速算表』を参考にしています。

【まとめ】正しい知識を付けて無駄な税金を避けよう

オンラインカジノで獲得した勝利金は全てが課税対象になるわけではありません。
課税対象となるのは勝利金を海外決済サービスなどを介して自身の銀行口座に引き出した金額の合計です。

ちょっと勝ったからといって何度も出金を繰り返すと年間のトータル損益はマイナスなのに税金を支払うということにもなりかねないので、負けたときのことを考えてある程度海外の決済サービス口座に貯めておくようにしましょう。

しっかり正しい知識をもとに資金管理をすれば無駄な税金は払わなくて済みますよ!

華麗 夏恋
そもそも、税金のことを気にするほどオンラインカジノで稼げるようになったらそれだけでもすごいことなんだよ!税金のことで悩めるぐらいオンラインカジノで稼ぎたいって思っている方はさっそくべスカジランキングでおすすめオンラインカジノをチェックしてね♪
厳選オンラインカジノランキングTOP10

新着記事一覧

    自分の好みにあった
    オンラインカジノを見つけよう

    オンラインカジノは欧米では日常の一部で、
    日本で言うパチンコや競馬と同じようにたくさんの人に利用されています。

    ベスカジ編集部では日本語対応オンラインカジノを
    20サイトに厳選し、「安全性」「ゲームの種類」「入金・出金方法」「ボーナス」など、様々な基準で比較できるように総合的な評価を行っています。

    その中でも『ベラジョンカジノ』は
    ボーナスやゲームの種類が豊富で、
    日本で最も選ばれている初心者に優しいオンラインカジノです。
    どのオンラインカジノに登録したらいいか迷ったら、
    ぜひベラジョンカジノから始めてみてください!

    ベラジョンカジノについて詳しく知りたい