• 2019.01.23 2019.04.02

【図でわかりやすく解説】ブラックジャックのルールや必勝法を徹底解説

こんにちは!ベスカジ編集部の華麗夏恋です。
今回はブラックジャックのルールや必勝法を徹底解説していきます。

ブラックジャックは世界中のカジノで遊ばれているカジノゲームで、自身の判断が勝負の分かれ目となるちょっと知的なゲームです。

また、極めることができれば全カジノゲームの中で最も勝ちやすいとされ、プレイヤースキルが試されます。
ヨーロッパ圏のカジノに多く、アジア圏で採用しているカジノは少ないゲームでもあります。

織田 邦夫
ブラックジャックって聞いたことはあるけど、難しそうなイメージがあるしん。極めれば勝ちやすくなるって本当しんか?
華麗 夏恋
ブラックジャックは「どれだけ21に近づけるもしくは自分がバーストしない」ことが重要なの!適切な判断を取ることができればプレイヤーに最も有利なカジノゲームだよ!

この記事を読んだらわかること

✅ブラックジャックのルール(合計値の数え方、勝敗、配当)
✅ブラックジャックの流れ(プレイヤーのアクション)
✅ブラックジャックで使える必勝法(ベーシックストラテジー、カウンティング)
✅通常ブラックジャックと一味違うアレンジゲーム
厳選オンラインカジノランキングTOP10

ブラックジャックの基本情報

まずはブラックジャックのルールや配当、ゲームの流れについて確認していきましょう。
画像付でわかりやすく説明していくので初心者の方もすぐに理解できると思います。

なお、今回説明で使用するブラックジャックのゲーム画像は全てベラジョンカジノから取得しました。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックはプレイヤーとディーラーの勝負です。

それぞれにカードが2枚以上配られ、合計値が「21」または「21に近い数字」の方が勝ち、21を超えたら強制的に負け(バースト)となります。

プレイヤーにはカードを引く、引かない、スプリットなどの選択肢が与えられる(詳しくは後述)一方、ディーラーは合計値が17以上になるまで強制的にカードを引かなければなりません。

つまり、ディーラーの技量に強い弱いという概念はなく、ディーラーはルールに従ってカードを引くか引かないか決めることになります。

【数字の数え方】

2~10 ⇒数字の通り
J,Q,K ⇒10
A ⇒「 1 」もしくは「11」どちらかで数える

以下は数え方の参考例になります。

ブラックジャックの配当

ブラックジャックでは勝ち方によって配当が変わります。


また、引き分け時(プッシュ)は賭けた金額がそのまま手元に戻ってきます。

ブラックジャックのゲームの流れ

では、ゲームの流れを確認していきましょう。
今回はベラジョンカジノというオンラインカジノを使ってブラックジャックの流れを説明していきたいと思います。

チップを賭ける

ブラックジャックのテーブルでは、1人につきベットエリアが1つ用意されています。

所定のベットエリアにチップを置いて、賭けます。

まずはプレイヤーとディーラーに2枚ずつカードが配られる

プレイヤーとディーラー両方に2枚ずつカードが配られます。

プレイヤーのカードは全て表向きで配られますが、ディーラーのカードは1枚が表向き、1枚が裏向きで配られます。

ここから、プレイヤーはいくつかの判断を迫られます。

スタンド

カードを引かず、手持ちのカードで勝負に入ります。

【スタンド前】

【スタンド後】

ヒット

新たにカードを1枚引きます。
プレイヤーは「21」を超えなければ何度でもヒットできます。

【ヒット前】

【ヒット後】

ダブルダウン

最初に賭けた金額と同額を上乗せし、新たに1枚カードを引きます。
ヒットと異なり、ダブルダウンでは1枚カードを引いた時点で勝負に入ります。

【ダブルダウン前】

【ダブルダウン後】

スプリット

配られたカードが同じ数の時、最初に賭けた金額と同額の賭け金を追加して、手札を2つに分割します。

手札を2つに分割した後は、それぞれでヒット・スタンドを選択します。
(A2枚を分割した場合は、1枚カードが追加されて勝負に入ります。)

【スプリット前】

【スプリット後】

インシュランス

ディーラーのアップカードがAの場合、ブラックジャックが出た時の保険として最初に賭けた金額の半額を追加でベットします。

ディーラーがブラックジャックだった場合はトータルの損益は±0、ブラックジャックでなかった場合は追加ベット分は没収となり、通常ゲームを続行します。

【インシュランス前】

【インシュランス後】

サレンダー

勝負をあきらめ、賭け金の半分を戻してもらいます。
※サレンダールールを採用していないカジノ・テーブルもあるので、事前にチェックしておきましょう。

勝敗が決まる

ブラックジャックが出るかどちらかがバーストした場合、もしくはどちらもバーストせず数値勝負となって、勝敗が決まります。

【ブラックジャックが出る場合】

最初の2枚で「21(ブラックジャック)」が出て、相手が「21」でない場合は、その時点で「21」が出た方の勝利です。

【プレイヤーがバーストする場合】

プレイヤーがヒットを重ねて「21」を超えてバーストした場合、ディーラーはカードを引かずに勝利します。

【ディーラーがバーストする場合】

プレイヤーが「21」を超えずにスタンドして、ディーラーがバーストすればプレイヤーの勝利です。

【どちらもバーストせず数値勝負となる場合】

プレイヤーが「21」を超えずにスタンドして、ディーラーが「17~21」以内の手札になれば数値の高い方が勝利します。

【引き分け(タイ)の場合】

プレイヤーが「21」を超えずにスタンドして、ディーラーが同値となったら引き分け(プッシュ)です。

華麗 夏恋
今回解説で紹介したベラジョンカジノには無料で遊べるブラックジャックが10種類以上もあるのよ!登録しなくてもすぐに遊べるから、さっそくチェックしてみてね!
今すぐベラジョンカジノの魅力を確かめる

ブラックジャックで勝てる確率は?


ブラックジャックでのプレイヤーの勝率を単純計算すると、約48%で設定されています。
これはカジノゲームの中でも特に高い勝率です。

ただし、これは何も考えずにプレイした場合の勝率で、プレイヤーは次のことを頭に入れてアクション選択をするとさらに勝率を高めることができます。

次に自分が引くカード、もしくはディーラーの伏せているカードを『10』と考える。

まず、なぜこのように考えるのか理解するためにも、次の表をご覧ください。

これは次に自分が引くカードやディーラーの伏せているカードがどの数字であるか、確率的に示した表です。

ご覧のとおり、『10』を引くもしくは伏せてある確率が一番高いですよね。

なぜ『10』が一番高いかというと、数字の「10」だけでなく絵札(J,Q,K)も『10』と数えるためです。

では、なぜ見えないカードを『10』と考えると勝率を高めることができるのでしょうか?
その答えは次の「ブラックジャックでバーストする確率」にあります。

ブラックジャックでバーストする確率

最初に配られた2枚のカードの合計値と次のヒットでバーストする確率をご覧ください。

先ほど説明したとおり、次に引くカードは『10』である可能性が高いため、最初の2枚のカード合計値が12以上であれば、ヒットでバーストする可能性を考えなければいけません。

これはほんの一例ですが、ブラックジャックの勝率を高められるかどうかは、こういったバーストする確率をもとにアクション判断できるかどうかにかかってきます。

ブラックジャックの確率について詳しく知りたい方はこちら

ブラックジャックで使える必勝法TOP3


ブラックジャックで勝つか負けるかを決めるのはですが、必勝法を活用すれば勝率を高め、より大きな利益を得られる可能性が高まります。

ここではブラックジャックならではの必勝法を2つ、配当2倍の賭けで使える代表的な必勝法を1つみていきましょう。

第1位 ベーシックストラテジー

ベーシックストラテジーとは次にどのアクションを取れば勝てる可能性を最も高められるか示すものです。

ベーシックストラテジーは次のような表にまとめられていて、この表を参考にすれば「スタンド」「ヒット」「ダブルダウン」「スプリット」のどれが一番勝率が高いアクションなのか、即判断できます。

【ベーシックストラテジー例】

※H…ヒット D…ダブルダウン  S…スタンド

ただ、この表に従っていれば必ず勝てるというものでもありません。

あくまでベーシックストラテジーは理論上の勝率を高めるためにあるものです。
いわばブラックジャックの教科書ですね。

ベーシックストラテジーについて詳しく知りたい方はこちら

第2位 カウンティング

カウンティングとは、場に出たカードからデッキの中にどの数字のカードが残っている可能性が高いか把握する行為です。

簡単に例をあげると、

場に「10、J、Q、K」が多く出ていれば、次に『10』を引く確率は低い⇒バーストする確率が低いのでヒットする。

といったかんじです。

ブラックジャックのプロプレイヤーともなると、場に出たすべてのカードを記憶して判断しますが、カジノによってはカウンティングがばれると退場させられることも。

一方、オンラインカジノではカウンティングし放題です。
全てのカードを記憶せずにカウンティングする方法もあるので、詳しくは下記リンク先でチェックしてみてください。

カウンティングについて詳しく知りたい方はこちら

第3位 グッドマン法

グッドマン法(1235法)は賭け金を「1,2,3,5」を順に増やしていく必勝法です。
この必勝法は勝ちが続いた時に利益を伸ばせるので、調子が良い時に使いたい手法です。

グッドマン法の使い方

ここでは分かりやすいように1単位=$1として解説していきます。
グッドマン法の賭け金の増減ルールは以下の通りです。

  • 最初のゲームで「$1」を賭ける
  • 勝てたら「$2,$3,$5」の順に増やし、4連勝後は賭け金$5で固定する。
  • 負けたら最初の賭け金「$1」に戻る。

言葉だけだと分かりづらいかもしれないので、イメージ図もあわせてご覧ください。

グッドマン法のメリット・デメリット

グッドマン法のメリットは比較的ローリスクで利益を増やすことができることです。勝ち続けても賭け金「5」で据置となるので大きな額を賭ける必要がありませんし、2連勝後であれば1回負けても損失はでません。

一方、デメリットは損失が膨らむと取り返す事が難しくなることです。

グッドマン法は3連勝目を掴めないと損失が出るので、勝ち負けが交互に続いたり、連勝があっても2つしか続かないとなると利益を出すことが難しくなります。

損失が膨らめば膨らむほど連勝回数がより多くならないと利益に繋がらないので、グッドマン法で損失を取り戻すのが難しいという時は先ほど紹介したマーチンゲール法等に切り替えるといいでしょう。

グッドマン法について詳しく知りたい方はこちら

オンラインカジノで遊べる様々なアレンジブラックジャック

オンラインカジノのブラックジャックには様々な種類の「アレンジブラックジャック」があることはご存知でしょうか。

アレンジブラックジャックのゲームの流れは通常ブラックジャックと基本的には同じですが、同時に勝負できるハンド数が3つあるものやディーラーのカードに一工夫入れられているものがあります。

ここではベラジョンカジノで遊べる3種類のアレンジブラックジャックについて紹介していきます。

ヨーロピアンブラックジャック

ディーラーのホールカードがプレイヤーのアクション終了後に配られるアレンジブラックジャックです。
6デッキで最初のハンドが9-11ならダブル可能、スプリットは1回のみとなっています。

ホールカードが最初に配られないぶん、プレイヤーに「10」か絵札が配られる確率はじゃっかん高め。プレイヤー側にそれらのカードが多く落ちていれば、ディーラーは2枚目で17未満となり、3枚目を引く可能性がアップします。

カードは多く引くほどバーストする確率が上がるので、このルールを上手く活用してディーラーをバーストさせる戦略を巧みにとるといいでしょう。

ヨーロピアンブラックジャックについて詳しく知りたい方はこちら

Double Exposure Blackjack


ディーラーのカードが全てオープンになっているアレンジブラックジャックです。
6デッキで最初のハンドが9-11ならダブル可能、スプリットは1回のみとなっています。

通常なら伏せてあるディーラーのカードがオープンになっている状態でゲームスタートになるので、プレイヤーはアクション判断がしやすいです。

ただし、ブラックジャックの配当は通常と同じ2倍、ブラックジャック以外のタイだとディーラーの勝ち、ブラックジャックのタイだとプレイヤーの勝ちという変則ルールを採用しています。

Double Exposure Blackjackについて詳しく知りたい方はこちら

ポンツーン


ディーラーのカードが全て伏せてあるイギリス版アレンジブラックジャックです。

このゲームでは勝負までディーラーのカードが伏せられたままなので、プレイヤーはただ「21」に近づけることを狙います。もちろん、ベーシックストラテジーは通用しません。

ただし、「10、J、Q、K」と「A」の組み合わせ(ポンツーン)か、5枚で合計「21」以下(5カードトリック)が出れば配当3倍をゲットできます。

ブラックジャックにはない楽しみがあるので、ポンツーンをやったことがない人はぜひチャレンジしてみてください!

ポンツーンについて詳しく知りたい方はこちら

華麗 夏恋
今回紹介したアレンジブラックジャックは全部ベラジョンカジノで遊べるよ!入金しなくても無料でお試しプレイもできるから、さっそく遊んでみてね!
今すぐベラジョンカジノの魅力を確かめる

まとめ〜ブラックジャックは技術的要因が勝敗を分ける〜

いかがでしょうか?
ブラックジャックはカジノゲームで最も稼げる可能性が高いゲームです。
といっても、何も考えずにプレイするだけでは他ゲームとさほど変わらない損益で終わってしまいます。

大切なのはベーシックストラテジーやカウンティングなどを習得し、カードを引くか引かないかの判断スキルを磨くことです。さらに、チップコントロールも駆使すれば、ブラックジャック一本で稼いでいくことも夢ではありません!

今すぐブラックジャックで遊びたい人は今回説明でも使用したベラジョンカジノをチェックしましょう!登録を済ませればすぐに無料お試しプレイができます!

この記事のおさらいポイント

✅ブラックジャックはプレイヤーとディーラーの勝負
✅カード合計値が「21」か「21により近い」方が勝ち
✅ディーラーがバーストした場合でも勝てる
✅「21」で勝てれば配当2.5倍、それ以外で勝てれば配当2倍
✅次に引くカードや伏せてあるカードは「10」である可能性が最も高い。
✅ベーシックストラテジーやカウンティングでより勝率をアップできる
✅オンラインカジノでは様々な種類のアレンジブラックジャックが楽しめる
華麗 夏恋
ブラックジャックのルールや必勝法が分かったら、さっそく実戦で勝てるように練習を積んでいってね!海外のカジノに練習しに行くのは大変だけど、スマホで簡単にプレイできるオンラインカジノなら今すぐ始められるわよ。ベスカジ編集部がおすすめするベラジョンカジノはマルタ共和国政府の厳しい審査を受けてライセンスを取得してるから安心して遊べます!
今すぐベラジョンカジノの魅力を確かめる